やり方にこだわる vs 目的にこだわる

 
仕事には必ず「目的」がある。
そして、どの仕事にも必ず「やり方」がついてくる。
 
 
もちろん、「目的」も「やり方」も両方大事であり、
誰もが頭ではそれをわかっているはずなのだが、
実際に仕事モードに入ると、
「やり方」に意識がとられる人が圧倒的に多い。
 
 
しかも、優秀なプレイヤーだった人ほど、
「やり方」にこだわる傾向が強い。
 
 
そして、最初のうちは、
「やり方」への純粋な興味・関心からだったものが、
うまい「やり方」が見つからないと、
意地でも自分で「やり方」を
見つけないと気が済まない状態に入り込んで、
目的を忘れてしまったり、
目的から外れてしまっていることに
気づかなかったりすることも少なくない
 
 
まるでゲームをやめられなくなる子供のように…。
 
 
自分自身でやり方を見つけることが
その仕事に求められる最優先、最重要であれば問題はないが、
仕事の目的はそうでない場合の方が圧倒的に多いはず。
 
 
やり方に囚われると、視野が狭くなり、周りが見えなくなる。
 
 
チームやメンバーに意識が向かなくなったり、
時間軸が忘れ去られてしまったり、
コトに意識が行き過ぎることで、
ヒトの気持ちが置き去りにされてしまったり、などなど…。

 
 
 
1.あなたは、やり方と目的、コトとヒト、
  どちらに意識が向きがちですか

2.両方とも大切にするためにできる小さな一歩は何ですか?

 
 
 
【メールマガジン登録はこちらから】

●PC登録用: https://www.mshonin.com/form/?id=334538912
●スマホ登録用: https://www.mshonin.com/sp/?id=334538912

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中