教えないメソッドが育む3つの力(その3):「気づく力」が育む「決める力」

 
「気づく力」が発揮され始めると、

・「目の前の出来事」から「その背景や理由」へ
・「結果」から「プロセス」や「目的」に
・「モノ」から「コト」へ、「コト」から「ヒト」へ、「出来事」から「物語り」に

といった具合に、視野が広がり、視点が高くなり
流れも感じられるようになる。

 
「目に見えるもの」だけに向きがちだった意識が、
「目に見えないもの」にも自然と向くようになる。

 
他者の意見も聴けるようになったり、
自分の意見も聴いてもらえるようになる。

 
そうなることで、思考や行動の質が高まり、選択肢が増えてくる。

 
そこで求められるのが「決める力(選択する力)」。

 
「決める力(選択する力)」を発揮するにも少しの勇気は必要だが、
「考える力」「気づく力」が背景にあれば、
たとえ決めたことがうまくいかなかったとしても、
次に活かすプロセスを回す力がついているので、
それほど心配する必要はない。

 
互いに本音を言い合ったり、
耳の痛いことをフィードバックし合ったり、
良好な人間関係を築けたり、
互いに刺激を与えあいながら、
お互いの成長を支援し合いながら、
良好な組織風土・文化づくりにつながっていく。

 
このように『教えないメソッド』は、
「何を学んだか」ではなく、「考える」機会・場をつくり、
「気づく力」を育み、「何をやると決めたか」を大切にし、
成長と成果を加速させるための意識と行動を引き出していく。

 
 
 
1.今日やると決めた小さな一歩は何ですか?

2.その小さな一歩は、何に近づくためのモノですか?

 
 
 
【メールマガジン登録はこちらから】

●PC登録用: https://www.mshonin.com/form/?id=334538912
●スマホ登録用: https://www.mshonin.com/sp/?id=334538912