出入り口の法則とは

「出入り口」と言うけど、
「入り出口」とは言いませんよね。

 
これは日本人の独特の表現らしいのですが、
「出口が先」ということなのです。
 
 
まず最初に出すことで、
その後に入ってくる。
 
 
逆に言えば、
出さなければ、入ってこない、
ということ。
 
 
ところが、
ともすれば「入り」ばかりに意識が向いて、
「出」がないことに気づかずにいて、
いつまでたっても「入り」を手にすることができず、
悪循環や空回りしてしまっている、ということはありませんか?
 
 
呼吸も出すのが先。
 
 
新鮮な空気が周りにたくさんあったとしても、
肺に空気が入ったままでは、
新鮮な空気を体内に取り込むことはできない。
 
 
お腹がすいているからおいしく食べられるのであって、
満腹の時はどんなごちそうであっても、
ほとんど食べられないし、
たとえ無理して少し食べたとしても、
本当のおいしさは感じられない。
 
 
断捨離や片づけの法則も同じことが言える。
・お金を稼ぐ人は、それ以前にお金をたくさん使っている。
・頭がいい人は、人に教えたり、いつも知恵を出している。
・幸せな人は、周りの人を喜ばせて、幸せにしている。
 
 
そして
・多くを得ている人は、それなりのリスクを背負っている。
・物事を前に進めていく人は、何かしらの犠牲を払っている。
・お役目を果たしている人は、何かを捧げている。

 
 
 
1. あなたがついついため込んでしまっているものは何ですか?

2.その「出」を意識して行動に移すためにできることは何ですか?

 
 
 
【メールマガジン登録はこちらから】

●PC登録用: https://www.mshonin.com/form/?id=334538912
●スマホ登録用: https://www.mshonin.com/sp/?id=334538912