不満の扱い方

 
不満を言われてうれしいと感じる人は少ないかもしれないが、
不満は、その裏側に期待があるからこそ、
出てくるもの。

 
そう考えると、不満は、
理想の状態や期待へのギャップを教えてくれる「材料」になり、
よりよい関係や、役に立つ行動や、
改善のきっかけを生みだしてくれる「源(もと)」になる。

 
不満の扱い方ひとつで、エネルギーの種類や方向性が変わってくる。

 
その不満の背景には、どんな期待があると思いますか?

広告