会議を活性化させる2つのステップ

 
会議の活性化のポイントを一言で言うと、
『拡散』と『収束』を区別して行うこと。

 
まず、拡散とは、アイデアを出す時間。

 
拡散の時間は、
否定せず、制約条件をつけず、自由に、量を求める。

 
拡散の時間に、否定やダメだし、制約条件が入ると、
参加者のやる気は失われ、意見が出せなくなってしまう。
 
 
次に、収束とは、選択肢を絞り込んで、
結論や合意を得る時間。

 
この収束の時間帯に、
拡散する意見やアイデアや提案が入ってきてしまうと、
堂々巡りで何も決まらず、時間の無駄になってしまったりする。

 
会議やミーティングを、より活性化するために、
あなたができることは何ですか?

広告