やり方、あり方、関わり方

 
チームで仕事をしていると、
いつの間にか自分のやりたいことや、
やりたい「やり方」に夢中になっていることはありませんか?

 
何をやるかや、そのやり方ももちろん大事だけれど、
「やり方」は、手段であって、目的ではない。

 
何のためにやるのか、
何を目指すのか、
誰の役に立ちたいのかなどの
目的、ゴールやその先にあるものに意識を向けるのが「あり方」。

 
「やり方」にこだわる人と、
「あり方」を大切にしている人とでは、
「関わり方」がおのずと違ってくる。

 
 
 
——————————————————

1.あなたのチームが目指しているものと、
  大切にしているものは何ですか?

2.その目指しているものに、
  大切にしているものに、
  より意識を向けるために、何ができますか?

——————————————————
 
 
 
【メールマガジン登録はこちらから】

●PC登録用: https://www.mshonin.com/form/?id=334538912
●スマホ登録用: https://www.mshonin.com/sp/?id=334538912

信頼につながる言動と、信頼を失う言動

 
基本的に人は、
良かれと思って行動し、言葉をかける。

 
でもその言動は、相手から見たとき大きく分けると、
信頼につながる言動と、
信頼を失う言動に分けられる。

 
その違いはたったひとつ。

 
for meなのか、for youなのか。

 
どんなに言葉が立派でも、
ベースが「for me」だと、
そのエネルギーは非言語で伝わってしまう。

 
どんなに言葉がつたなくても、
または、乱暴だったとしても、
その根底に「for you」の愛が感じられると、
愛がエネルギーで伝わっていく。

 
 
 
——————————————————

1.あなたが信頼する人の、どんな言動が印象に残っていますか?

2.あなたが信頼できないと感じる人の、どんな言動を反面教師にしたいですか?

——————————————————
 
 
 
【メールマガジン登録はこちらから】

●PC登録用: https://www.mshonin.com/form/?id=334538912
●スマホ登録用: https://www.mshonin.com/sp/?id=334538912

部下や後輩の指導、育成はなぜ難しいのか

 
部下や後輩の指導、育成はなぜ難しいのか。
その理由は様々、考えられる。

 

  • 数字的な目標達成や、商品・サービスの開発などと違い、
    目標やゴールが定量的、具体的でないから。
  •  

  • 何をどうやっていいか、分からないから。
  •  

  • やらなくても、うまくできなくても、
    いろいろな意味で短期的には影響が少ないから。
  •  

  • 評価に反映されにくいから。

 
他にも難しい理由はいくらでも考えられるかもしれない。

 
難しい理由に意識を向けるか。
難しいを乗り越えたその先にある
未来や、人間関係や、波及効果に意識を向けるかで、
出てくる言葉の質やエネルギーの質と量が変わってくる。

 
 
 
——————————————————

1.難しいことを避けることで、どんな未来につながりますか?

2.難しいからこそやってみることで、どんな未来に出会えますか?

——————————————————
 
 
 
【メールマガジン登録はこちらから】

●PC登録用: https://www.mshonin.com/form/?id=334538912
●スマホ登録用: https://www.mshonin.com/sp/?id=334538912

教えてもらう答え、自分で見つけようとする答え

 
人に答えを教えてもらうと、わかったようなつもりになる。

 
一方で、自分で答えを見つけようとすると、
しっくりくる答えが見つからないことが多いから、
すっきりしない。

 
教えてもらう答えには、スピード感がある。
もっともらしくも、感じられる。
唯一の正解のように感じさせるエネルギーもあるかもしれない。

 
でも人に答えを求めることに慣れてしまうと、
自分で考える習慣がつくれず、
知らず知らずのうちに依存型になっていく可能性がある。

 
問いに意識を向けると、
答えを見つけるのに時間がかかるかもしれないが、
考える習慣が身について、自立しやすくなる。

 
そのためには、
時間がかかることを待てる勇気、
許す勇気が必要になる。

 
周りがが見守ってくれる力があれば、
一人でがんばらなくてよい環境に身を置くことができ、
自分を信じる力、認める力を育むことができる。

 
 
 
——————————————————

1.答えがなかなか出ない自分に、どんな言葉をかけますか?

2.自分を信じる力が身についていない相手を、どのように見守りますか?

——————————————————
 
 
 
【メールマガジン登録はこちらから】

●PC登録用: https://www.mshonin.com/form/?id=334538912
●スマホ登録用: https://www.mshonin.com/sp/?id=334538912

リモートへの加速が止められないからこそ考えたい『リアルの本質』とは

~リモートでもゼロから新しく信頼関係とは

 
好むと好まざるとに関わらず、
リアルからリモートへの意向がどんどん加速している。

 
それは一見すると、時代の流れにも見え、
いかに早く切り替えるかのスピード競争の様相を、
呈しているように思われる。

 
しかしそれは、リアルの世界で積み上げてきた貯金を、
食いつぶしているに過ぎない面があるのではないだろうか。

 
全くの新規でスタートさせなければならないプロジェクトや人間関係を、
リモートだけでゼロから信頼関係を構築することは、可能なのだろうか?

 
今年入社した新入社員や、今春異動になった人たちは、
これまで培ってきた経験やノウハウや資源が使えず、距離感が測れず、
不安や悩みややるせない想いを抱えている人たちも少なくない。

 
リモートを過信しすぎると、
大切なものを見落としてしまうような気がする。

 
 
 
——————————————————

1.リモートだけに頼ることで、一番見落としがちなことは何ですか?

2.リアルだからこそできる良さは、どのようにしたら置き換えられますか?

——————————————————
 
 
 
【メールマガジン登録はこちらから】

●PC登録用: https://www.mshonin.com/form/?id=334538912
●スマホ登録用: https://www.mshonin.com/sp/?id=334538912