自分を信じる 相手を信じる

 
途中であきらめてしまうのは、
自分を信じていないから。

 
途中で口出しや、
アドバイスをしてしまうのは、
相手を信じていないから。

 
自分も相手も信じ切るには、勇気と覚悟が必要。

  
1.信じる気持ち(信じたい気持ち)を妨げているものは何ですか?

2.あなたの勇気と覚悟は本物ですか?

 
  
【メールマガジン登録はこちらから】

●PC登録用: https://www.mshonin.com/form/?id=334538912
●スマホ登録用: https://www.mshonin.com/sp/?id=334538912

フィードバックを受け取る

 
自分のことは、自分が一番分かっている。

 
それはある意味正しいかもしれないが、
一方で、自分では自分のことを
よく分かっていないことも少なくない。

 
物理的にも、心理的にも、近すぎると見えないモノ(コト)がある。

 
だからこそ、
人の意見に謙虚に耳を傾けることで、自己理解が深まり、
話を聴く姿勢が相手に伝わることで、
良好な関係性が構築されて、人に応援されやすくなる。

  
1.フィードバックを受け取ることを妨げているものがあるとしたら、
  何ですか?

2.人の意見に耳を傾けるために、お手本にしたい人は誰ですか?

 
  
【メールマガジン登録はこちらから】

●PC登録用: https://www.mshonin.com/form/?id=334538912
●スマホ登録用: https://www.mshonin.com/sp/?id=334538912

自己開示する

 
自分のことを話さない人は、信頼されない。

 
自分を開示するためには、
少し勇気が必要かもしれないが、
自分のことをオープンに話すことで、
自分が楽になるだけでなく、
相手も自分のことを話しやすくなり、
安心や信頼が芽生え、
良好な関係性が構築されやすくなっていく。

  
1.自己開示したい人は誰ですか?

2.少しだけ自分のことを自分から話すとしたら、
何からだったら話せそうですか?

 
  
【メールマガジン登録はこちらから】

●PC登録用: https://www.mshonin.com/form/?id=334538912
●スマホ登録用: https://www.mshonin.com/sp/?id=334538912

他人と比較しない

 
うまくいかないことがあると、
つい他人と比較していませんか?

 
他人のできているところと、
自分のできていないところを
比較しても、得られるものはないに等しい。

 
自分の足りないところがクローズアップされて、
自己否定につながり、やる気も行動も奪われていく。

 
どうしても比較したい時は、昨日の自分と比較する。
そうすることで、自分の成長や進化に意識が向き、
次への一歩を踏み出すエネルギーにつながっていく。

  

1.「他人と比較する」を手放すと何が手に入りますか?

2.比較する対象を自分で選ぶことで、どんな変化が生まれますか?

 
  
【メールマガジン登録はこちらから】

●PC登録用: https://www.mshonin.com/form/?id=334538912
●スマホ登録用: https://www.mshonin.com/sp/?id=334538912

自分を責めない

 
毎日頑張ろうとしても、うまくいかない月は必ず来てしまう。
また、行動さえできない日もやって来るかもしれない。

 
そんな時、うまくいかなかった自分、
行動できなかった自分を責めるのではなく、
ここまで続けてきた自分に、「○(丸)」をつけよう。
そのことに気づけた自分に「○(丸)」をつけよう。

 
自分を責めても、役に立つことはほとんどない。
だとしたら、明日からどのようにすれば再開できるか、
再チャレンジできるかを考えよう。

 
それは、サイズをさらに小さくすることかもしれないし、
レベルを下げることかもしれないし、
他の新しいやり方を試すことかもしれない。

 
一旦立ち止まって、振り返る機会を得たことに感謝して、
また新しい一歩を踏み出そう。

  

1.うまくいかなかったこと、行動が止まったことで、
初めて気づけたことは何ですか?

2.うまくいかなかったこと、行動できなかったことに気づけたことは、
どんな意義や意味がありますか?

 
  
【メールマガジン登録はこちらから】

●PC登録用: https://www.mshonin.com/form/?id=334538912
●スマホ登録用: https://www.mshonin.com/sp/?id=334538912